今日近所の公園にお出掛けしてきました。
これといった理由はなく、いいお天気だったので日向ぼっこでもしようかと思い行ってみました。
園内をポツポツと歩いて、さてベンチにでも座ろうかなと思っていたところ、近くを歩いていた小さい女の子が一緒にいたお母さんに指さしをして何かを教えていました。
指さす方向を見てみると、猫が香箱座りで日向ぼっこをしていました。
野良さんだと思いますが、普通にふっくらとした体型で毛並みもよい感じです。
個人的に香箱座りをしているところがツボでした。
横になって丸くなっているのや完全にだらけきって伸びている状態だと、何かコレじゃない感がある気がします。
半座り且つ半立ちであるあの香箱座りは、リラックス感と警戒心を併せた絶妙な体型です。
野良さんならではの休息ポーズに何かキュンとくるものがありました。
そしてそれをお母さんに教えてあげている女の子の可愛らしさにもほっこりとしました。
公園のあの平和な感じが好きです。

JR北海道が経営している北海道新幹線は現在在来線車両と新幹線車両が共用している青函トンネルの最高速度が140キロに抑えられている事から東京?新函館北斗間の移動に4時間以上が掛かっています。

そうして速達輸送にネックとなっている青函トンネルで速度向上試験が行われるそうです。

そして20キロの速度向上をし、160キロでの走行を目指すそうです。現在東北新幹線で320キロ運転を行っている事と比べるとそれでも半分の速度しか出ないのですが、160キロで走行する事で数分所要時間を短縮できるので最速で3時間台の列車も出来るそうです。

現在開業から時間が経ち、北海道新幹線は開業ブームが落ち着き大幅に乗客が減っているのでこうした事を起爆剤としたいのでしょうね。

もともと北海道は札幌以外に大きな都市がなく現在は中途半端な位置にある新函館北斗駅までしか開通していないのでしばらく苦戦するのは仕方ないと思いますが、青函トンネルを含めて速度の制約が大きい事やトンネル区間で携帯が通じない事などまだまだ課題はたくさんありますね。

今後、企業努力と国が本腰を入れて取り組む事で更に便利な新幹線にして欲しいと思います。